デザイン

ブログの引越しをしています

ここ1週間ぐらいいろいろと試してみたのですが、従来から続けていたブログを、この g.o.a.tへ移設することにしました。 閲覧時スマートフォンでの表示レイアウトが大変読みやすいこと、書き始めるのに抵抗が少なく余計なものが目の前に現れないシンプルな編…

Prott User Meetup vol.8に参加しました → ○

プロトタイピングツールで有名なGoodpatchさんの主催するPrott User Meetup vol.8に初めて参加しました。記憶が鮮明なうちに印象を記しておきます。 つい先日追加されたProttのワイヤーフレーム機能紹介や今後の開発予定についてのトピックに続き、スマート…

保育園のどうぶつ壁掛け時計 → ○

最寄り駅付近に保育園の校舎が移設されて、新校舎に元気の良い園児の声が響き渡っています。 保育園の外部に面した壁に壁掛け時計が設置されていて、シンプルながらも楽しいデザインでした。数字の読みやすさは犠牲にせず、時間を示す時計としての機能は維持…

プロトタイピングツールのProttにワイヤーフレーム作成機能が付きました → ○

プロトタイピングツールのProttにワイヤーフレーム作成機能が付いたようです。 これまでProttでは別のソフトで作成した画面の画像をインポートしたり、スマートフォンで撮影した手書きの画面を取り込んで利用することはできましたが、ツール自体で線画を描く…

見つけ出してもらうために必要なこと → ×

日曜の午後、地元のローカル商店街の振興のための、フリーマーケットや屋台が並ぶ小さなお祭りがありましたので、散歩がてら出かけてきました。 写真はイベントのひとつで、アマチュアバンドや手品、大道芸などによるパフォーマンスです。これで人を集めて商…

Prottはペーパープロトタイピングのツールとして最適 → ○

User Centered Design(UCD)の手法のひとつに、ペーパープロトタイピングがあります。ペーパープロトタイピングとは、ソフトウエアやWebサービスが完成する前に、開発のかなり早い段階で、画面の遷移や動きなどを本物のように試作品として利用者に体感しても…

「お乗換え」より矢印の向きをはっきりわかるように → ×

JR南武線の分倍河原駅ホームに描かれている乗換え案内表示サインです。 書体の好みはともかく、今回の最大の問題点は、見る角度によって、矢印の向きがわかりにくくなる点です。 円柱状の柱なので矢のない方向から見ると矢印の矢の部分がほとんど見えないこ…

第16回情報デザインフォーラムに参加しました。

2015年4月29日(水)13:00~17:30「つくるをつくる」をテーマに、六本木ミッドタウンタワーYahoo!で開催された第16回情報デザインフォーラムに参加しました。 フォーラム全体としては、構造化や可視化の手法や方法論についての話題が多かったようですが、本…

「植草甚一スクラップ・ブック」を見てきました → ○

芦花公園駅から徒歩5分の世田谷文学館で本日(2015/04/25)から開催の企画展「植草甚一スクラップ・ブック」を見てきました。 直筆の原稿や日記、コラージュ、本当に様々なコレクションに圧倒されます。本当にタイトル通りのスクラップブック。特にそれ自体が…

グラフの凡例は重要です。

SNSで見かけた人口構造の変化を表したグラフです。内容については言及しませんが、凡例が気になったので記しておきます。 この凡例では、日本=赤、ドイツ=緑のように、凡例での国名の色をグラフの線の色と一致させることによって、対応付けています。 最低…

音声でも説明があるのは → ○

JR市ヶ谷駅には地下鉄のりかえ専用の出口があります。看板サインによる説明に加えて、「こちらの改札は出口ではござません。のりかえ専用改札です。」ここが地下鉄のりかえ専用の出口であることを音声でスピーカーから流しています。 この種の看板サインは見…

確かに重要なお知らせには違いありませんが → ×

最近の銀行のWebサイトは、企業により程度の差はあれ「重要なお知らせ」であふれています。 もちろん重要なお知らせには違いなく、詐欺やコンピュータウィルスには気をつける必要があります。利用者に被害が及ばぬように注意を喚起することにやぶさかではあ…

言語に頼らない潔さ → ○

地方空港に直結したJR駅構内にあるサイン表示です。階段およびエスカレーターの上下両端にこのサインがありました。 左側の「列車はこちら」は「乗車ホームへ向かう」を具体的には示しており、右側の「飛行機はこちら」は「改札口およびその先にある空港への…

エレベーターの階数表示としては → ×

改修工事の終わった私鉄の駅構内で、エレベーターの階数表示パネルを見つけました。 他のサインのデザインとトーン&マナーを合わせていて、その統一感はあるのですが、やはり読みづらいと思います。子どもが「はちじゅうに」と嬉しそうに読んでいたのが皮肉…

階数表示の数字だけをぶら下げる → ○

比較的新しい商業ビルのエスカレーター付近で見かけた階数表示の方法です。 ポールなどを立てて、そこに現在位置が何階であるかを表示しているケースは数多く見られますが、このような階数表示だけは珍しいと感じました。 特に下の階から上に登っていく際に…

セミセルフレジ → ○

スーパーマーケットの支払いで、自分で商品をスキャンして支払いをすることができる「セルフレジ」が増えてきました。 今日紹介するのは、完全なセルフレジではなく、レジ係の人が購入済み商品のスキャンまで行って、お金を支払うところだけをセルフで行うタ…

この位置だとトロピカーナが売れてしまう → ×

食品スーパーでジュースの特売が行われていました。POP広告の対象は、右端にある「アーモンド効果」という商品です。 しかし、このPOPの置かれている位置が中央の別のジュースの上なので、おそらく買い物にきてPOPを見た人は最も近い位置にある他社メーカー…

コールセンターの電話音声ガイダンス分岐が多すぎる → ×

効率化を進めているようなある程度の規模を持つ企業の問い合わせ窓口に電話をすると、用件ごとにオペレーターに振り分けるため、「Aという用件は1を押してください。Bという用件は2を押してください。Cという用件は3を押してください。」などのように自動…

順番待ちの番号札の分類が多すぎる → ×

最近市役所などの公共施設でも、銀行や携帯電話ショップなどにあるような番号札を発行して、窓口の順番待ちをスムーズに流れるようにしているようです。 今回の番号札の例では要件別に、100番台の数字によってジャンル分けされていました。要件別に分類す…

明星大学デザイン学部 公開講座「地域に活かすデザインの力」に参加しました。

2014年12月13日(土)明星大学デザイン学部で行われた 公開講座「地域に活かすデザインの力」に参加しました。 第一部の講演テーマ「かみの工作所」に興味があったことが参加理由でしたが、他にも自分の住む地域で様々なデザインを媒介にした活動をされてい…

一時パスワードがいつ消えるかわからない → ×

某銀行のインターネットバンキングでは、暗号表のような一時パスワードの代わりに物理的な小型電卓のような一時パスワード発行機が送付されてきて、振込などの取引の際に使用します。 暗号表をみて入力するより手軽で良いのですが、一時パスワード発行のキー…

近接のルールが守られていない → ×

このWebサービスのユーザーインターフェースには、別の選択方法もあるので致命的ではありませんが、近接の基本ルールが守られていません。 対象物(写真のアイテム)をどうするか(右側の want it か have it を押すボタン操作)という流れに対して、対象物…

TOKYO PAPER "Remix"001 柳本浩市(デザイン・ディレクター)×ロバート・ハリス(作家)

代官山TSUTAYAで開催されたデザインディレクターの柳本浩市さん、DJであり作家でもあるロバート・ハリスさんによるトークショーTOKYO PAPER "Remix"001に参加しました。 TOKYO PAPER "Remix"はオリンピックがテーマになっていますが、デザイン、ファッション…

建築模型には癒されます-MAKE HOUSE 木造住宅の新しい原型展-

東京ミッドタウンで開催されていた「MAKE HOUSE 木造住宅の新しい原型展」を見てきました。 SE構法とパーツ化が可能にする、木の家の新しいつくり方と題して、7名の個性あふれる建築家による模型や図面などの展示が行われていました。 建築模型ファンとして…

『批判的工学主義の建築 ソーシャル・アーキテクチャをめざして』/藤村 龍至(著)

個人的に注目している建築家/ソーシャルアーキテクト藤村 龍至氏による意欲的な著書を紹介します。 建築には、「意匠」と「構造設計」があって、種々の制限の中で、クライアントの要望にいかに応えていくかという点が、自分自身の仕事であるWebディレクショ…

HCD-Netサロン「SF映画とアドバンスUX」に参加しました。

2014年9月26日(金)に株式会社ドリコムで開催された、第47回HCD-Netサロン「SF映画とアドバンスUX」に参加しました。 SF映画を素材にして未来のUXデザインやインタフェースデザイン、インタラクションデザインを比較・分析するもので、住環境や交通移動手段…

エスカレーターでの現在位置表示 → ○

ショッピングセンターのエスカレーターで、自分が立っているここが何階であるかを表示したポールを見かけました。 現在位置以外の最下階から最上階を小さな数字で示し、現在位置の階数をを大きな数字で強調して表示しています。小さな数字と現在位置を示す大…

第15回情報デザインフォーラムに参加しました。

2014年9月20日(土)14:00~17:30「ワークショップの実践」をテーマに、千葉工業大学津田沼キャンパスで開催された第15回情報デザインフォーラムに参加しました。 今回はパネラー登壇者による講演やレクチャーだけでなく、2つのミニワークショップも行われ…

変わる「産地とデザイン」会議2014に参加しました。

2014年9月13日(土)にAXIS GALLERYで開催された、第3回変わる「産地とデザイン」会議2014に参加しました。 主催者のサイトには『日本のものづくりについて、産地、メーカー、デザイナー、流通、プロデューサー、行政などの現場の声を聞き、話し合う100人会…

図形をドラッグして重ねる向き → ×

本人確認のセキュリティを高めるための手法として、わざと読みづらく加工した文字列を入力させる方法やこのような図形をドラッグして重ねる方法があります。 今回私はこの画面を目の前にして、左の図形を右へドラッグしてしまいました。何の迷いもなく無意識…