『デザイン仕事に必ず役立つ 図解力アップドリル』

 企画に携わる人には必読の書です。「図解」について、これほど深く掘り下げ、具体的な例を伴って解説された書物はほとんど無いと思います。
 著者によればデザインとは人から人へ何かを伝えるコミュニケーションであり、それは「絵」ではなく、「図」であり、図解ということに深くフォーカスされています。図解といっても小手先のテクニックの紹介ではなく、伝えるということについてかなり本質的なところまで踏み込んで、その伝達内容をどうやって表現するかということがデザイナー以外にも理解できるように、ていねいに説明されています。
 読み進めるにつれて楽しさと知的興奮さえ覚えます。本書は広義のデザイナ(表現する人)に向けて書かれていますが、デザイナだけにこのスキルを独占させておくのはもったいない。重要な意思決定を行う現場の責任者クラスにこの発想と方法論を備えて欲しいです。

デザイン仕事に必ず役立つ 図解力アップドリル

デザイン仕事に必ず役立つ 図解力アップドリル