「ソーシャルメディア時代の教養としてのデザイン」 シンポジウムに参加しました。

f:id:taz8:20101102203718j:image:right
 昨夜はU-calaというイベントスペースで開催された様々な分野でデザインに何らかの形で関与し活躍中の7名のパネリストによるシンポジウムに参加しました。
 パネリストは大学で教鞭を執られている方が多く、各々が自身の活動と情報デザインとの関わりを中心に話されていました。かなり多くのトピックが出されましたが、議論としては少々時間不足であったように思います。
 しかし、今後のソーシャルメディアの動向や札幌地域のコミュニティについて考えるとき、新たな取り組みが生まれつつあると感じました。


■ソーシャルメディア時代の教養としてのデザイン(ustream録画)
http://www.ustream.tv/recorded/10592755