リスト形式の候補からひとつの選択肢を選ぶUI → ×

f:id:taz8:20120808164545p:plain

 日本初の本格的LCCとして話題の航空会社ピーチアビエーションのWeb予約を試してみました。
 リスト形式の候補からひとつの選択肢を選ぶユーザーインターフェースは、様々なものがありますが、従来からよくみかけるのは、プルダウンあるいはドロップダウンボックスと呼ばれるものです。

 ピーチでのユーザーインターフェースは、プルダウンとは少し異なり、例えば出発地を選ぶ場合に、出発地が入るボックスの右隣りにリスト項目をモチーフにしたアイコンを置いて、そこをクリックすると候補群が表示されます。そしてその候補群の中からひとつの文字列をクリックすると、「出発地」のボックスに選択された空港名が入り確定されるというものです。

 何度か使ってしまえば学習できるので、実用上問題ないレベルかと思いますが初見の際には、候補群とボックスが離れていて結びつきが弱いデザインであるために、選択結果が確定されるという予想がつかない恐れがあります。
 プルダウンの場合には、選択肢とボックスが一体化されて結びつきが強い構造にデザインされているので、選択結果がその箱に入ることが理解されやすいのです。
 したがってこのユーザーインターフェースをもっとわかりやすくするためには、ボックスと候補群リストとの結び付きを、はっきりと強く打ち出す表現にすべきと考えます。