『MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体』/田端信太郎 (著)

MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体

MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体

 「R25」から「livedoorニュース」「LINE」まで、数々のメディアビジネスを経験してきた田端信太郎氏による大変興味深い書籍が発売されました。広告界のニュースサイト「アドタイ」の人気コラム「メディア野郎へのブートキャンプ」をベースに、加筆・修正された一冊です。

 帯に「メディアの知識は、現代ビジネスパーソンの一般教養です。」とあります。現在のメディアとはのようなものなのか。メディアと付き合っていくにはどうすれば良いか。メディアに関わる人だけではなく、様々な立場の方にヒントになるのではないでしょうか。

 個人的には、第6章にあるペルソナの田端さんなりの解釈と説明が最も興味深く感じました。セグメンテーションを超えたキャラ情報が「ペルソナ」と、メディアにおける対象者・ターゲットユーザー像を共有することの重要性を、自称メディア野郎の田端さんの視点により強調されています。
 変わりつつあるメディアとの付き合い方を考えるため、多くの人に一読をお勧めします。