Director's Night SAPPOROに参加しました。

f:id:taz8:20130922013634p:plain

 Director's Nightと題して、Webディレクターの仕事とは何かというテーマで、講演とトークセッションが行われましたので参加してきました。このようなテーマのイベントは札幌ではまだまだ数少ない貴重な機会でした。

 Webに限りませんが、ディレクションという仕事を生業としている身である私としては、大変興味深く講演を聞くことができました。登壇された3名のディレクターの方それぞれが、個性や特徴をお持ちでありながらも、多くの共通点がみられたことは特筆に値します。

 いくつか心に残ったトピックがありましたので、記しておきます。
 株式会社マックグラフィックアーツ 岩崎さんのお話「お客様が困っていることがあるから仕事が発生する。」まったくそのとおりですが、つい忘れがちなことです。ジャクスタポジション 西山さんからは「相手に理解してもらおうという気持ち」「指揮棒を振るのは誰なのか?」ディレクターの基本に立ち返ることの重要性を、R2D | RESONANCE to DESIGNing の山本さんからは、「当たり前のことを当たり前に実行すること、それを完璧にこなすのは実は困難」という身につまされる話題がありました。

 イベントを振りかえり、ディレクター同職種の方の考え方を知る機会は少ないことにも気づきました。今後もこのような機会を捉えて、視野を広げていきたいと思います。
 
■togetterでのまとめ
http://togetter.com/li/567036

■イベント概要
http://peatix.com/event/18701

■Director's Night開催レポート|Cat Speak

http://cat-speak.net/2013/09/26/633/