駅のホームで乗車位置の目印が見えなくなる → ×

f:id:taz8:20140221203554j:plain

 朝の通勤時間帯、駅のプラットホーム風景です。降雪地だと冬には雪が積もり、ホームに埋め込まれた乗車位置を示す目印がまったく見えなくなることが頻繁にあります。

 毎日通勤通学に使っている人にとっては大体の乗車位置は感覚的に覚えているものですが、その駅をたまにしか利用しない人や旅行者は、どこに並んだらよいのか見当がつきません。ホームに描かれる目印やマーク以外の手段でも乗車位置を示すのが望ましいと考えます。