項目ラベル名とその対象となるデータが離れている → ×

f:id:taz8:20140225203541p:plain

 本ブログ読者の皆様ならお馴染みのWeb入力フォーム画面です。申込みなどによく用いられ、あらかじめ決められた選択肢のプルダウンなどから選択を行なったり、自由入力欄に文字入力して必要な情報を設定する画面です。

 表題となる項目ラベル名とその対象データは、ある程度物理的に近い位置にないとその対応がわかりにくくなってしまいます。サンプルの画面は離れ過ぎている悪い例です。さらに、入力前のデフォルト値が空欄というのもそれを助長しています。「選択してください」などの文字列を入れておくだけでも、存在に気づく割合は高くなると思われます。