ジェットタオルの騒音 → ○

f:id:taz8:20140320225933j:plain

 新しいオフィスビルや飲食店の入る建物のお手洗いに設置されている、風で水滴を吹き飛ばすジェットタオルという製品があります。

 水滴を残らず吹き飛ばして乾燥させるために、強い温風を吹き付ける必要があり、そのために大きな音が出るのだと考えていました。ところがそうでもないらしいのです。関係者に近い筋の方から聞いた話ですが、わざと大きな騒音に近い音を出しているそうです。

 手を乾かす機能については、小さい音でもそれほど変わらないらしいのですが、パワーが不足しているかのように感じてしまうので、それを避けるためにわざと大きめの音を出すように調整されているとのこと。

 無音のジェットタオルを想像してみると、気分的に乾きが遅いような気がしてしまいますね。