薬(錠剤)パッケージの工夫 → ○

f:id:taz8:20140325224959j:plain

 健康診断の結果が思わしくなかったので消化器疾患の精密検査を行いました。そして胃潰瘍などの原因となるヘリコバクター・ピロリを取り除く投薬での治療をすることになりました。

 今回はその薬のパッケージの工夫を取り上げます。朝・夕食後に錠剤を6錠飲みます。これぐらい数があると、写真のように飲むタイミングごとにまとめて、「朝」「夕」などのラベル付けをするのが現実的で効果的だと感じました。

 これもひとつの例ですが、医薬品のパッケージングについては、デザインが役立つシーンがもっと増えてくると思われます。