北大発のフューチャーセンター創設にむけてのシンポジウムに参加しました。

f:id:taz8:20140405173451j:plain

 真冬に逆戻りしたかのような寒い一日となった4月4日の週末、北海道大学で開催された「未来の価値をつくり出す - 北大のイノベーション人材育成」というシンポジウムに参加しました。

 失礼ながらそれほど期待はしていなかったのですが、予想を上回る気づきがある講演会でした。個人的には特にリパブリック岡橋毅氏によるCIID(Copenhagen Institute of Interaction Design)イノベーション教育プログラムの紹介を興味深く聞くことができました。

 イケア・ジャパンの泉川玲香氏のイケアの教育や採用についての考え方も、シンプルながら強いメッセージを感じることができました。

 まさに今日のキーワードのひとつであった「diversity/多様性」に富む登壇者の皆様のお話は強く記憶に残っています。北大関係者の予定調和を望まぬ姿勢に本気度を感じました。

 

■シンポジウム「未来の価値をつくり出す  北大のイノベーション人材育成」を開催

http://www.cris.hokudai.ac.jp/cris/ura/seminar/detail_event.html?id=86

 

■CIID(Copenhagen Institute of Interaction Design)

http://ciid.dk/