通帳から銀行印の印影がなくなった → ×

f:id:taz8:20140422100115j:plain

 昔に比べれば印鑑を押す機会はかなり減ってきたと感じますが、公共料金の銀行口座からの自動振り替え手続きなどで、銀行届出印を押すことがあります。

 かつては通帳に銀行届出印が押されていて、どの通帳はどの印鑑を使ったのかすぐに判ったのですが、最近の通帳には銀行届出印が押されていません!よって、複数の印鑑を目の前にして、「はて、この通帳にはどの印鑑を銀行届出印として使ったのだろうか?」と途方にくれることがあります。

 究極は届出書類への捺印をなくす方向へ進むのだろうと思われますが、各種届出書類に銀行届出印の捺印が残っている現在では、通帳に印影がないのは不便だと思います。