第13回情報デザインフォーラムに参加しました。

f:id:taz8:20140430144542j:plain

 「ワークショップの原点とファシリテーション」をテーマに、渋谷NHN PlayArtで開催された第13回情報デザインフォーラムに参加しました。

 ローマ在住の多木陽介(演出家、アーティスト)さんによる基調講演『根っこに戻ってから考えるワークショップ』はデザインやものづくりという概念だけでは捕らえきれない、非常に深いテーマのお話であり、興味深く聴くことができました。また、講演のスライドのつくりかたやトークの展開の盛り上げ方など、随所に演出を手がけてこられた方ならではの方法論が凝縮された見事な講演だと感じました。

 日々の表層の動きに流されず深く本質に立ち戻ること、どこに知恵が隠されているのか、自分自身の頭でじっくりと考える時間が必要な時期かも知れません。

 

■第13回情報デザインフォーラムは「ワークショップの原点とファシリテーション」

 

参加者によるブログ(個性が出ていて読み応えあります)

第13回 情報デザインフォーラム 2014年04月29日 - 隣り合わせの灰と青春

「ワークショップの原点とファシリテーション」情報デザインフォーラム第13回プチレポート | UX INSPIRATION!

情報デザインフォーラム(4/29)に参加しました。