注意書きの文面が弱い → ×

f:id:taz8:20140603194815j:plain

 好評のトイレシリーズです。今回は文章表現の問題をとりあげました。

 「支障をきたす恐れがあります。」は「支障をきたしますので絶対におやめください。」とはっきりとした禁止文に変更すべきだと思います。さらに「ご協力をお願いします。」も不要で、「流さないでください。」で十分だと感じます。

 どうも最近は単刀直入ではなく、この種の蛇足が付いた物言いが増えてきているように感じてなりません。