「日本SF展」を観て来ました → ○

f:id:taz8:20140719220718j:plain

 芦花公園駅から徒歩5分ほど、世田谷文学館で本日7/19から開催の「日本SF展」を観て来ました。日本SF第一世代である星新一小松左京、手塚治虫、筒井康隆真鍋博の5名の作品が展示の中心です。

 小松左京の代表作「日本沈没」の台本とか絵コンテもありました。絵コンテは他にもありましたが、見入ってしまいますね。個人的には大阪万博関係の資料が興味深いものでした。

 欲を言えばもう少し展示品のボリュームが欲しかったところです。各作家の書斎スペースの再現とか、愛用の文房具などがあると大満足なのですが。

 SFと言っても範囲が広いですが、筒井康隆星新一好きな人には楽しめる内容だと思います。

 

世田谷文学館Webサイト
http://www.setabun.or.jp/

■夏休み、親子で日本のSFを学ぶ「日本SF展・SFの国」(2014/7/27追記)
http://matome.naver.jp/odai/2140564764641283001