踏切で線路と道路が斜めに交差しているのは危険 → ×

f:id:taz8:20140727151145j:plain

 京浜急行の品川駅近辺にある踏切です。旧東海道だった細い道は、現在も生活道路として使われており、自転車や歩行者も多く通行する道路となっています。

 しばらく観察していると、いわゆるママチャリ自転車で赤ちゃんを自転車に乗せたり、重い荷物をかごに載せて踏切を通過する方が多くいらっしゃいました。線路の間に隙間があるために、なんと自転車のタイヤが踏切内の線路にすっぽりはまり込んでしまった方を見かけました。

 幸い遮断機が下りる前に、すぐに自転車を引き上げることができたのですが、一瞬ヒヤリとしました。線路と道路が直角でなく斜めになっていると、隙間に挟まる危険性が高くなると思います。

 地形や道路計画、鉄道路線の計画という規模の大きな問題なので、簡単に解決できるものではないと思いますが、なんらかのデザイン上の工夫が無いものかと感じました。