暗号表のようなインターネットバンキングのセキュリティ対策 → ×

f:id:taz8:20140811222157g:plain

 インターネットバンキングでは、本人であることの認証のため、通常のパスワードに加えて発行カードに記載された暗号表のような数字の組み合わせを一時的パスワードとして入力する方式が一般的に用いられているようです。
 銀行によっては、一時的なパスワードを発行するチップ内蔵のインテリジェントなカードや、スマートフォンアプリで一時的パスワードを発行するような工夫も見られますが、まだ大半が暗号表方式であるようです。
 パソコン画面上縦横の升目を見て、手元のカードを見ながら対応する数字を入力する度に、もう少しなんとかならないものかという気持ちが沸々とわいてきます。過渡期であることは間違いないでしょうが、間違えないように数字を打ち込むという妙な緊張感を強いる方式は、早く改めてもらいたいと強く願います。