第15回情報デザインフォーラムに参加しました。

f:id:taz8:20140921144541j:plain

 2014年9月20日(土)14:00~17:30「ワークショップの実践」をテーマに、千葉工業大学津田沼キャンパスで開催された第15回情報デザインフォーラムに参加しました。

 今回はパネラー登壇者による講演やレクチャーだけでなく、2つのミニワークショップも行われました。その1つであるコミュニケーションデザイン・ワークショップ「カーテンディスカッション」が個人的には興味深く印象に残りました。
 「カーテンディスカッション」は、ひとつのテーマ(今回は自分は何者か?)を図解だけで表現して相手に提示、その後伝えたかったコンセプトを口頭で説明して、グループ内の振り返りの中でテーマ内容の理解を深めて共有していくものです。詳細は省略しているので、書籍「情報デザインのワークショップ」34~35ページを参照ください。

 このワークショップの肝はコンセプトを伝える口頭説明の能力や、そのあとの振り返りをするための仕掛けにもあるのですが、図解だけでものごとを表現することが脳みそをフル活動させてくれて、考えの整理に良い訓練になりました。他人が図解を見てどのように受け取るか、またどんな誤解をするのかを知るのは、とても勉強になります。

 デザイナーやクリエイターなど表現することが直接の仕事でない方にも、コミュニケーションデザイン・ワークショップは役に立つと思いました。ぜひ皆様も「カーテンディスカッション」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

■「ワークショップの実践」におけるリアルタイムドキュメンテーション
http://design4japan.org/?p=159

■第15回情報デザインフォーラム「ワークショップの実践」最新情報
http://informationdesignforum.blogspot.jp/2014/09/15.html

■情報デザイン研究室/第15回情報デザインフォーラム 2014年9月
http://asanoken.jugem.jp/?eid=3181