近接のルールが守られていない → ×

f:id:taz8:20141112155752p:plain

 このWebサービスユーザーインターフェースには、別の選択方法もあるので致命的ではありませんが、近接の基本ルールが守られていません。

 対象物(写真のアイテム)をどうするか(右側の want it か have it を押すボタン操作)という流れに対して、対象物とアクションのためのボタンが離れすぎているのは、良くないと思います。

 主要な操作ではなくむしろ付随的な「Facebookでシェアする」ボタンのほうが、対象物に強く関連付けられているように見えるので、間違えてこのボタンを押してしまう人が多数いるのではないでしょうか?