一時パスワードがいつ消えるかわからない → ×

f:id:taz8:20141118133604j:plain

 某銀行のインターネットバンキングでは、暗号表のような一時パスワードの代わりに物理的な小型電卓のような一時パスワード発行機が送付されてきて、振込などの取引の際に使用します。

 暗号表をみて入力するより手軽で良いのですが、一時パスワード発行のキーを押してから何十秒かするとディスプレイ部に表示されている一時パスワードが消えてしまいます。素人くさい意見ではありますが、「消えるならxx秒後に消えると事前に通知しておいて欲しい」というのが正直な気持ちでした。

 わかってしまえば、スマートフォンで写真にとるとかメモをすることも可能ですが、初回利用の際にはお金にかかわる部分だけに緊張感があります。セキュリティの厳重さと使い勝手については一長一短があり、しばらく試行錯誤が続くのかも知れませんが、便利で安全という決定打は出てこないような気がします。

暗号表のようなインターネットバンキングのセキュリティ対策 → × - Culture Centered Design blog