セミセルフレジ → ○

 

f:id:taz8:20150131171642j:plain

 スーパーマーケットの支払いで、自分で商品をスキャンして支払いをすることができる「セルフレジ」が増えてきました。

 今日紹介するのは、完全なセルフレジではなく、レジ係の人が購入済み商品のスキャンまで行って、お金を支払うところだけをセルフで行うタイプのレジです。レジの端末は2台に分かれていて、レジ係の人は1台目の端末でスキャンだけを行い、購入商品を別のカゴに入れて、支払いを行う端末へデータを送信します。買い物をした人は、購入商品をカゴのまま受け取り、2台目の端末で支払いを済ませます。総額がタッチパネルのディスプレイに表示されているので、自動販売機のごとくその金額を投入して、お釣りとレシートを受け取ります。

 すべてをセルフレジにしてしまうと、慣れない人がスキャンに手間取り長蛇の列ができる恐れがありますが、この方式だと混んでいても比較的スムーズに流れているようです。

 この方式による効率化がどの程度かなんとも言えませんが、いいとこ取りの折衷案も試してみる可能性はありそうですね。