税務署で使われる専門用語 → ×

f:id:taz8:20150704092804j:plain

 税務署に出向いて書類を提出してきました。納税から逃れることはできないし、税について知ることは生活していく上で力の源泉だとも思います。

 しかしそこで交わされる用語がどうも馴染めず居心地が悪いのも事実です。初心者にとって一般論の話なのか、具体的な書類記入についての話なのかさえわからない時がありました。

 税務署側としても、納税者の税についての理解が進んで知識が増えれば、コストも下げられるはずです。税についての広報や一部のシステム化などを見ていると、アンバランスなリソースの使われ方をしているように感じる場合があります。

 広義の良きデザインを目指す人間のはしくれとして、税務署と一般民間人の共通言語を見つけていく必要があると強く感じました。