駐車禁止の斜線は左上から右下が正しいのですが... → ×

f:id:taz8:20150818135947j:plain

 正式な交通標識以外に、私有地や公共スペースなどで駐車禁止を示すサインプレートが置かれる場合があります。

 この場合、禁止を示す斜線は左上から右下へ引くのが正しいとされていますが、サインプレートに「駐車禁止」や「No Parking」などの文字を添えておらず、Pのマークだけの場合には、「R」に見えてしまう可能性があります。

 視認性ということだけ考えれば、右上から左下への斜線をPの上に載せたほうがPが読みやすいと思います。ただしこの問題はデファクトスタンダードであり決まりなのでこのままとせざるを得ないと考えます。

 ここは車を止めてはいけない場所だということを伝えるためには、車の絵のアイコンに斜線を引くデザインのほうが、子供から大人まで誤解なく駐車禁止であることがはっきりわかるのではないでしょうか。