読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「危険注意」は冗長すぎるのか → ×

f:id:taz8:20150902134259j:plain

 公園内の駐車スペース付近に「危険注意」と記した看板がありました。類似の意味を重ねて強調するという文章表現の手法がありますので、その一種と考えることもできます。

 この場合、危険だから注意せよという意味なのか、危険!注意!と同じ内容を連呼しているのか、深く考えるとよくわかりません。

 笑い話に出てくる「危険が危ない」と同じように、「危険注意」は強調の意味で注意を喚起するのに役立ちそうな気もしますが、実質的にはあまり効果がなさそうです。シンプルに「危険」か「注意」だけを表示したほうが望ましいのではないかと考えます。

 今回のテーマは微妙過ぎて言葉遊びに終わってしまう恐れもありますが、皆さんはどのようにお考えでしょうか。