工事中付近の駐車車両にカバーは安心感のため? → ○

f:id:taz8:20150902130713j:plain

 外壁工事を行っている建物があり、その直下にある駐車スペースに停めてある車にカバーが掛けられていました。

 詳細が不明なので推測でしかないのですが、すぐ近くで工事中なので少々の木屑や砂埃などが車に直接かからないようにシートで覆っているのだと思われます。

 ただしよく観察してみると建物側にも防塵シートがかかっているので、実質的に砂埃が車に直接かかることはなさそうで、かつ重量物はこのカバー単独では防げませんので、「車に配慮しています」という気持ちの問題だと思われます。

 車のオーナーの気持ちになれば、薄いペラペラのシートでも配慮されているという安心感を得ることができるのかも知れません。合理的ではない過剰なサービスと思われる方もいるでしょうが、皆さんはこの種の配慮をどのように感じられるでしょうか。