外からまったく内部が見えないオフィスは入りづらい → ×

f:id:taz8:20150918141151j:plain

 事務所やオフィスで、外の通りに面していてもミラーガラスやスモークガラスなどで完全に外から内部が見えないところがあります。

 このような建物は初めて訪問者が訪れたときに、なんとなくドアを開けて中に入りづらいものがあります。特にガラスなのに中が見えない窓やドアがあると、無意識の抵抗感があります。

 セキュリティ保護など何らかの事情はあるにせよ、お客様の訪問には心理的な障害になっているのは間違いありません。