Hearts on Twitter → ◯

f:id:taz8:20151104224208p:plain

 このブログの読者の方もおそらくご存じのtwitterのユーザーインターフェースが少し変わりました。お気に入りを表す☆マークが、ハートマークに変更されています。

 お気に入りを表す☆の使い方としてそのツイートに同意する意味ではなく、単純に後で読むためにしおりとして☆をつける人もいるようです。

 ハートになるとしおりの意味より、同意・共感する意味が強くなるように感じます。もっと踏み込むと、ハートマークをつけることは意図していなくても元ツイート発言者に「好意を寄せる」に近いニュアンスを醸し出しているように思います。ハートにするだけで、対象がツイートされた文章からツイートした人に変わってしまうような気分になります。

 長年使っている人にとっては、慣れているものが変わるので抵抗もあるでしょう。この変更は賛否両論あると思いますが、個人的には悪い変更だとは思いません。

 ユーザーインターフェイス(アイコン)の変更は行為を好意に変えてしまうのですね。みなさまはどのようにお感じになりましたか?

blog.twitter.com