迷う地点での情報を別途写真で提示している地図 → ◯

f:id:taz8:20151210153006p:plain

 Webサイト上で地図を用いる際には、Googlemapを使うことが常識化しつつあります。しかしGooglemapは拡大縮小も可能で便利ですが万能ではありません。

 地図にどのような情報や機能を盛り込むべきなのか、昔から大変悩ましい問題です。テクノロジーが解決してくれる問題とそうではない問題があります。

 迷ったときにどうすればいいか、そのヒントを与えてくれる素晴らしい地図を発見しました。

 そこに行ったことがない人が、実際にはじめて目的地を訪問するときに役に立つかどうかが評価のポイントです。

 上記地図の素晴らしいところは、迷うポイントを地図上にプロットして、そこからのビュー(人の視界からの眺め)を別途写真で提示していることです。迷う地点は経路をトレースしたり、取材インタビューを行うなどすればほぼ特定できます。また、地図上にはランドマークになる建物以外は名称を表示せず、できるかぎりシンプルを保っていることです。

 会社のWebサイトも地図のページを見ると、どれくらい訪問者のことを考えているかということがわかります。Webサイトの訪問者ではなく物理的にオフィスをはじめて訪れる人が地図の利用者なのです。

株式会社セカンドファクトリー