時間軸の中で現在どこまで進んでいるかわかる → ◯

f:id:taz8:20160229093326p:plain

 生命保険契約のWeb申し込み画面の一部です。昔はもっと酷い画面やユーザーインターフェースがありましたが、今では比較的こなれてきていると感じます。

 特に多くのページに入力を必要として、10分以上時間がかかるような場合には、現在どこまで進んでいるのか、あとどれぐらいで終わるのかを常に確認できるようにすべきです。

 また、重要なのは完了したのかまだ続きがあるのかはっきりさせることです。上記例では上部のチャートで「完了」が黄色くハイライトしており、「新規契約の申し込みを受け付けました」と大きなメッセージが表示されています。

 ここが曖昧なWebサイトがまだまだありますが、上記のように完了したかどうかをはっきり明示するのは細部のデザインなどよりはるかに重要だと考えます。