広告看板の上下の区切りがわかりにくい → ×

f:id:taz8:20160414163848j:plain

 JR橋本駅ホームから見える広告看板です。今回広告の表現や内容は話題にしません。上下2つのスペースはそれぞれ別の顧客の広告ですが、上下の広告の区切りが大変わかりにくくなっています。

 その理由として、以下が挙げられると思います。

  • 上下を分離することを目的としたデザインの線や隙間がない。
  • 上下の広告表現のトーン&マナーが似ているため、連続しているように見えてしまう。

 特に中央部にある「八王子みなみ野小中学校となり」の部分は、上の広告に含まれるのが正解だと思われますが、色調やトーンからすると、下の広告にも結びついているように見えてしまいます。

 単独では問題ないことでも、組み合わせると問題が生じることがあります。住所を誤解されてしまうのは広告看板としては致命的だと感じます。スペースを大きくとることよりも優先すべきことがあると考えます。