読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欠席連絡済みの人にも開催案内メールを送信する → ×

f:id:taz8:20160419143831p:plain

 受信したイベント案内のメール文面の一部です。実際には差出人の会社名や担当者が入っていますが、割愛しています。

 冒頭に「既に欠席でご連絡いただいている方へのご案内しております。」とありますが、この案内メール送信時に欠席者のメールアドレスを把握できているのであれば、送信しないほうがトータルとして好感度が上がる気がしています。

 おそらく欠席連絡の都度、メールアドレスの削除など個別に細かいデータベースの管理を行っていないのであろうことは想像できますし、一度は参加申し込みをした関心度の高い人なので、欠席者の含め、あえて全員に送信しているのかも知れません。どこまできめ細かい対応をするかはコストとの兼ね合いになるのでしょう。

 むしろ問題はこの対応によって大雑把な対応をするように見られてしまう、企業イメージの点なのではないかと思います。