キャップがねじかどうかわからない → ×

f:id:taz8:20160509131724j:plain

 チューブ入り歯磨きのキャップには、そのまま引っ張れば開くタイプと、キャップと本体がねじになっていて開けるにはひねる必要があるタイプがあります。

 そのまま引っ張ると開くのは便利なのですが、落としたり他のものにぶつけたりすると簡単に開いてしまいます。

 それぞれ一長一短あるのですが、問題は外見上区別がつかないことです。

 まずはそのまま引っ張ってみて開かなければひねればわかるので、致命傷ではないと思います。