×印の位置を指だけでなく刃と指の全体を対象にしたほうが良い → ×

f:id:taz8:20160513184026j:plain

 家庭用のかき氷機の注意事項です。上記の図では指の部分だけに赤色の×印を重ねていますが、もう少し良い表現はないかと考えました。この場合、刃に指が触れることが危険で注意しなければならないことです。

 よって、刃に指が触れるほど接近している状態を表す「刃と指の両方」にまたがって×を重ねたほうが、「刃に指で触れるな」という行為に対する禁止の意味合いが強く伝わるように感じます。

 指だけが×でも、刃だけが×でもなく、刃に指で触れること、つまり動詞が×なのです。

 現状でも意味合いは十分通じているのでNGではないのですが、注意の対象が「行為」「動作」であることを強調したいのです。