歩行者用信号が横断歩道の手前と奥で異なる → ×

f:id:taz8:20160613164707j:plain

 道幅の広い道路の横断歩道では、上の写真のように途中で二段階に歩行者用信号が分かれている場合があります。

 問題だと感じたのは、奥にある歩行者用信号が青になっているのに、手前にある信号が赤の状態があることです。

 目的地は車道を横断してその先にあるはずなので、歩行者は奥にある歩行者信号がまず目に入ると思います。青だと思って歩き出したら、手前の信号が赤であることにハッと気がつくことになります。

 何らかの理由でこうなっているのだと思いますが、百歩譲って奥が赤で手前が青であれば、最初に赤が目に入るので、注意が促されるはずです。できれば赤で待つ時間が増えたとしても、奥と手前の歩行者用信号が一致していた方が、赤を見落としうっかり歩き出して遭遇する事故は防げるのではないでしょうか?