日本語でも書いたほうが良い → ×

f:id:taz8:20160627142113j:plain

 都心部にある外資系企業のオフィスが数多く入居するビルで見かけた注意書きです。付近の住民は英語を話す人が圧倒的に多いのかもしれません。

 見ればわかるとはいうものの、ペット同伴禁止なのかふんは持ち帰りましょうだけなのかは意味が異なります。

 正確に伝えるならば "NO PETS NO POOP" だけでなく英語、日本語併記にしたほうが良いと思います。文字表記を行わず、アイコンイメージだけで全て伝わるなら、それが理想かもしれませんが、現実的にはなかなか困難でしょう。