量りにのせると書いたほうが良い → ×

f:id:taz8:20160727180340j:plain

 他のスーパーマーケットチェーンでも同様のシステムがあると思いますが、イオンの食品売り場に「マイセレクトデリ」という惣菜量り売りのコーナーがあります。

 パネルに説明があり、

  1. 容器をお選びください。
  2. お好きな惣菜を容器に入れてください。
  3. フタを閉めて、ラベルを発行してください。
  4. ラベルを貼ってレジへお持ちください。

となっていますが、3に無駄と飛躍があります。

 金額が記載されたラベルを貼るのは手順としてその通りですが、そのためには量りの台に惣菜を入れた容器をのせる必要があります。また、計量が終わると重さと金額が表示されたバーコード付きラベルが発行される仕組みなので、利用者がやることは量りにのせることだけなのです。

 よって、3を下記のように変更してはどうでしょうか。

  1. 容器をお選びください。
  2. お好きな惣菜を容器に入れてください。
  3. 容器を量りに載せると、ラベルが発行されます。
  4. ラベルを貼ってレジへお持ちください。 

 

f:id:taz8:20160727175306j:plain

 フタをするのはガイダンス手順としてはむしろ必要なく、ラベルを発行するためのポイントとなる手順を示すのが必要だと感じました。